ラミーとリネン

 

どちらも麻の一種ですが、おおざっぱに言えばラミーは日本国内でよく使われ、リネンはヨーロッパでよく使われます。ラミーは白く、リネンはもともとは亜麻色といわれる茶灰色です。この色は洗濯するとほんの少しずつ落ちていきます。

 

ふつうどちらも糊をつけて使用しますが、私どもではマスクは鼻・口にあてるものでもあり極力化学糊をつけずに織っているため生地表面に毛羽がでます。

 

よく麻はチクチクするから嫌いといわれるお客様がおられますが、率直に言って、原料の品質の悪いものは麻の繊維が固く太いので、肌にあたってチクチクします。当社ではそのような糸は使っておりません。(けっこうな価格の商品にもそういうものがあります。値段だけでは品質はわかりません)

 

チクチクするのが嫌ならば、麻素材のものをお買いになるときはできるだけ細い糸を使っている商品(薄手の生地)をお選びください。(繊維製品は触ってみるのがいちばんです。)糸は一般的に言って、絹でも麻でもウールでも細いものがよい原料で作られています。すべての麻素材がチクチクするというのは誤解です。ウールでも麻でも原料の繊維が太くて硬いものすなわち品質の劣るものは肌にあたってチクチクします。